タブレットで会計から売上の計算や従業員の管理まで行なう

レジnet

タブレットがレジになる

レジ

タブレットレジの特徴

タブレットを会計スペースに置き、アプリをインストールすることでレジの機能を持たせることができるようになりました。手軽に導入することができるほかに、様々な特徴が存在します。これまでのレジのシステムをそのままに、使い勝手がよく経営管理もしやすくなったのがタブレットレジです。従来のレジシステムとの違いを軸に新たに浸透しているタブレットレジについて説明していきたいと思います。

手間がかかった作業を削減

タブレットのレジでは、会計にスペースを取らないことや持ち運びをすることが可能であり、導入コストと運用コストを削減することができます。さらに、データをクラウド上で管理できるため、売り上げや商品情報をどこからでもアクセスすることができるのでリアルタイムで売り上げを確認することができます。それに、売り上げや経費の会計管理以外にも、スタッフの出退勤や登録メニューの変更などをスムーズに行なうことができます。

多様な機能を搭載

導入するアプリによってサービスは異なりますが、ほとんど共通で入っているサービスを紹介していきたいと思います。まずは何よりクレジット決済が可能なことです。専用のカードリーダーを併用することでクレジット決済を簡単に導入することができます。その他に商品と在庫、売り上げの管理ができます。クラウド上でリアルタイムで確認ができるため、普通は閉店後に行なっていた仕入れや清算作業をその都度行なうことができるようになりました。また、各種ポイントカードとの連携を行なうことができるため、集客面でのメリットを含んでいます。

店舗拡大に対応可能

飲食店などのお店を始める時はまず1店舗目を立ち上げます。その店舗の売上に応じて事業を拡大していきますよね。店舗が増えるにつれPOSシステムを導入したり、店舗同士のシステム連携や変更にもコストがかかってきます。しかし、タブレットレジでは店舗拡大の際に導入が簡単で、コスト面やシステム構築などの時間を節約できるため、多数の店舗でタブレットレジが導入されています。また、システムが見やすく操作しやすいので、新人教育にあまり時間をかけずにスタッフを雇うことができます。

使いやすく管理しやすい

実際の現場で働く人が使いやすく、経営者にとっても経営管理がしやすいため、双方に導入のメリットがタブレットレジにあります。また、新規店舗を立ちあげる方や事業拡大を目指している方も、タブレットレジを先に導入していると、後々の経営面や運用面に多数のメリットをもたらすことでしょう。管理がしやすく操作もしやすい、置き場所にも困らないタブレットレジを導入してみてはどうでしょうか。